トップページ > こだわり > 地震に強い住宅

地震に強い住宅

建物はなぜ倒れるのか?

地震が起こると地盤が揺れ、その上に建っている建物も揺れます。
この時の建物の「相性」がうっかり地盤に合ってしまうと建物は大きく揺れてしまい、最悪の場合壊れてしまいます。

この「相性がうっかり合う」とは地震にも揺れの周期があるように建物にも最も大きく揺れる周期をもっています。 これを「固有周期」と呼び、建物が最も大きく揺れるのは、建物の固有周期と地盤の卓越周期が一致するときなのです。

この場合「共振(共震)」という現象が起こり、揺れ幅がさらに大きくなることをいいます。
つまり建物の固有周期と地盤の卓越同期を離すことで、地震の揺れ幅を小さくし倒壊を防ぐのです。

 

耐震・免震・制震の違い

耐震・免震・制震の効果・費用

耐震のワンランク上=「制震
耐震
免震
制震

 

耐震工法+制振装置

Jダンパー

制振装置Jダンパーとは

地震の多い日本で制振装置Jダンパーは、その日本のあらゆる木造住宅の制震性を高めることが可能です。 住む人に安全を上回る安心という大きな価値を提供します。

その特徴は「耐震工法(揺れに耐える)+制振装置(揺れを吸収する)」ことからなります。

建物の揺れを大幅に抑え、倒壊から守る

Jダンパーは、 地震が起きた瞬間から揺れを制御し、建物の揺れが増幅することを防ぎます。 阪神淡路大震災と同クラスの地震がおきた際の建物の変形を半分程度に抑え、倒壊のリスクを軽減します。

繰り返す余震にも制震性能を持続

耐震工法の住宅も、振動を続けることで徐々に接合部分が緩みます。 Jダンパーは振動エネルギーを何度でも、制震性能を落とさずに吸収するため、建物の強度を維持し続けること可能です。

揺れを大幅に抑え、建物と安全を守る。それがJダンパー

揺れを大幅に抑え、建物と安全を守る

住宅を地震による倒壊から守る+αの力。 それは揺れ幅を増幅する共振、つまり「建物の揺れ」が「地面の揺れ」と同調する状態を防ぐ「制震」です。 Jダンパーは、自動車などの輸送機に欠かすことのできないショックアブソーバーの技術を用いて開発した制振装置。 ショックアブソーバーは路面から受け続ける衝撃を吸収し車内に伝えない役割を果たしています。 そのショックアブソーバーの技術に、制震そうしとして効果的な機能を加え、Jダンパーは建物の揺れを大幅に抑制することを実現しました。

制振装置Jダンパーの効果

制振装置Jダンパーの効果j-damper_02

地震が起きた瞬間から揺れを制御し、建物のゆれを大幅に抑制します。地震発生の瞬間から震動を抑える。効く速さがJダンパーの特長。
阪神・淡路大震災と同クラスの地震がおきた際の建物の変形を半分程度に抑え倒壊のリスクを軽減します。

繰り返す余震にも制震性能持続

耐震工法の住宅も振動を続けることで徐々に接合部分が緩みます。 Jダンパーは振動エネルギーを何度でも、制振性能を落とさずに吸収するため、建物の強度を維持し続けることが可能です。
耐震工法では補えない部分をJダンパーが強力にサポートします。

あらゆる木造工法に設置可能

Jダンパーは「木造軸組工法」「2×4工法」など、あらゆる木造住宅に設置可能です。 しかも新築はもちろん、既築住宅にも耐震リフォームとして使えるため、日本の住宅にとって理想的な制振装置と言えます。 延べ床面積40坪以下の住宅の場合、必要となるJダンパーは12本が標準的です。

Jダンパー設置例

耐震リフォーム・耐震補強にも最適

耐震リフォーム・耐震補強にでも地震から建物の揺れを低減させる

地震による最も被害が大きいのは揺れによるものです。
揺れに耐える耐震工法は必要不可欠ですが、木造住宅用制振装置”Jダンパー”を取り付けることで建物の揺れを低減します。
地震の揺れを吸収する制振の住宅で地震から家を、そして家族を守ります。

制振装置Jダンパーなら保証も充実

「20年保証」「マイナス20℃~80℃温度保証」保証の充実が品質を物語る

住宅のロングライフ化が進められるなか、Jダンパーも耐久性を追求しています。
ダンパー内に組み込まれるオイルシールやOリングなどのゴムパーツは長期間使用すると金属と癒着し、 その状態でダンパーが作動するとゴムが破壊されオイル漏れの原因となります。

Jダンパーはゴム素材に金属と癒着しにくくなる特殊加工を施すなどし、20年保証を実現しました。
Jダンパーなら半永久的にメンテナンスフリーです!

 

最新の地盤工法

hyspeed

大切なあなたの土地(地盤)大丈夫ですか?

住宅建設で軽視しがちな地盤問題は、今や社会問題です。
強度と価格ばかリ重要視した地盤改良は、私たちの大地に大きなしこりを残しています。
今後、住宅建設をお考えの皆様、もう一度、あなたの土地(地盤)に目を向けてください。

ここでいう地盤とは家を支える「地盤」の事です 近年、急激に増加した欠陥住宅。その原因の中には、軟弱地盤に建てられたことによるものだという実例が数多くあります。 日本の国上は他国に比べ、軟弱地盤が多いと言われており、宅地として利用できる上地は決して多くありません ところが、住宅事情の変化にともない、軟弱地盤にも人工的に手を加え、宅地として利用するようになってきたのが地盤事故の原因と思われます。

地盤問題

液状化にも強い地盤提案

硬化剤を一切使用しない天然砕石パイルエ法「HySPEED(ハイスピード)工法」は、 地盤に孔を掘リ、その孔に砕石を詰め込み石柱を形成する、天然素材のみを使った、人・環境に優しくとっても強い、軟弱地盤の地盤改良工法のことです。

HySPEED(ハイスピード)工法の特徴

地震時の衝撃に強い

砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。

環境貢献工法

天然の砕石しか使わないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。 つまり住む人の健康被害を起こしません。

産廃費用が発生しない

産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

リユースで地球に貢献

将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

液状化防止工法

地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します。

パーフェクトな工事保証

日本大手保証会社の認定工法です。

CO2を5,000kg削減

砕石しか使わないことにより他の工法に比べC02の排出を少なくします。

無公害工法

今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも問題なく施工が出来ます。

遺跡になる工法

セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

100年に一度の大雨と、大地震を想定した強度!

十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、岸壁で大きな被害が発生しましたが、 砕石を使った地盤改良では大ぎな被害はなく、現在の工法のなかでは最適とされています。

HySPEED工法の強度

 

地盤保証システム

暮らしを守る、安心の調査と保証

地盤保証システム
ハウスワランティの『地盤保証システム』は、建築基準法に準じた地盤調査の結果を 第三者であるハウスワランティが評価し、適切な基礎仕様をご提案すると共に、 不同沈下に対する責任を保証します。
『地盤保証システム』はハウスワランティ(一般社団法人住宅構造・基礎・地盤保証支援機構)が評価、提案、保証するサポートシステムです。
詳しい内容はハウスワランティのサイトをご覧ください。
ハウスワランティ

保証内容

保証期間

対象建物引渡し日より10年間。特約により20年間

保証額

ひとつの事故に対し最高5,000万円まで。

免責条項

免責金額0円、免責期間なし。

保証内容

建物の不同沈下に対し、その修繕に必要な全ての費用を保証します。

住宅ワイドサポート

マイホームの新築からメンテナンスまで「住宅ワイドサポート」は安心の住まいづくりをバックアップします。

たとえば、新築工事途中で工務店が倒産した!メンテナンスが必要だけど工務店がすでに廃業!
瑕疵担保責任保険がきれた築11年目に雨漏りやひび割れが発生した!など…
建てる前も建てたあともで安心サポートで快適マイホームを実現いたします。

Q:工事途中で工務店が倒産!家はちゃんと建つ?

A:「工事引継ぎサポート」が大切なお住まいを完成お引渡までお手伝いします。

工事途中に住宅供給事業者(工務店)が倒産等で工事の続行が不可能となった場合、当機構が別の工務店を斡旋、対象住宅の完成引渡をサポートします。

住宅ワイドサポート
『住宅ワイドサポート』の詳しい内容はハウスワランティのサイトをご覧ください。
ハウスワランティ『住宅ワイドサポート』

 

地震補償付き住宅

地震補償付き住宅

震災時、最大で500万円が受ける国内唯一「地震補償付き住宅」制度

地震はいつ、どこで、どれくらいの大きさで発生するか予測できないとされています。 台風と違い、地震はいつも「突然」発生します。
「突然」発生する地震に対して、お客様の大切なマイホームを守るため、私たちは「地震補償付き住宅」を導入しました。

実際、阪神淡路大震災の後、マイホームを失ってしまった方々から
「保険を掛けていたのに家を建て直せない」
「住宅ローンだけが残ってしまった」
「家は再建できたけど、前の住宅ローンも残っているので、二重ローンで苦しんでいる」

という、悲痛な声がたくさんありました。

家づくりに携わる者として、お客様をそのような状況にさせてはいけないのです。 このように考え、私たちは「地震補償付き住宅」を取組み始めました。
大地震の際に、お客様の大切なマイホームに万一の被害があっても、マイホーム再建のお手伝いができるようわれわれは 「地震補償付き住宅」をお客様に提供していきます。

当社は地震専門の保険業者からの認定を受け、国内唯一の「地震補償付き住宅」制度を導入しています。

地震補償付き住宅をお勧めする理由

万一の時に大切な住まいを守る

住宅の保険(保証)では地震を補償していません

住宅瑕疵担保責任保険、地盤保証等の住宅に掛けられている保険、保証では、地震を原因とした損害が補償されません。

地震保険だけでは住宅再建が困難です

地震保険は、火災保険の50%までの補償です。
お客様が地震保険に入っていても、必要な資金が不足する場合があります。

地震の被害は住宅の倒壊だけではありません

地震保険は、火災保険の50%までの補償です。
お客様が地震保険に入っていても、必要な資金が不足する場合があります。

2,000万円のマイホームが地震で全焼したら…

必要となる費用
必要となる費用_02
必要となる費用_03
必要となる費用_04

受け取った保険金の使い道は自由

当社の地震補償は、地震の後の生活再建のための費用を補償する保険です。
お施主様が受け取った保険金は、建物の補修だけではなく、「引越し資金に」「住宅ローンの返済に」「仮住まいの資金に」のような様々な費用を補てんするためにご利用いただけます。
地震補償_05

地震保険に加えて補償を受けられます

地震補償付き住宅制度の地震補償は、お施主様が個人でご加入される地震保険とは別に補償が受けられます。あまり知られていませんが、通常の地震保険は建物価額の50%までしか補償することができません。
そのため、地震のために住居が破損し、建替えとなった場合には、地震保険に入っていても新旧二つのローンを同時に返すことになることも珍しいことではありません。 地震補償付き住宅は地震保険に加えて補償を受けられるため、こうした二重ローンの不安を和らげることが出来ます。

ページ上部へ戻る