トップページ > こだわり > ダブル断熱

ダブル断熱の家

断熱にこだわると、室内の温度が室外の温度に左右されにくくなるので、 室内の温度が一定に保たれ年中快適に過ごすことができます。 また、必然的に冷暖房費を削減することができます。
しかし、断熱にこだわる理由は、四季を通して快適に過ごすための 「断熱効果」だけではありません。
どの断熱材を使うか、どういう工法で施工するかによって、 「住まいの寿命」が変化することをご存知ですか?
断熱の良し悪しは、住まいとご家族の将来を左右する重大なポイントとなります。 長く快適に暮らせる住まいを実現するためには、断熱にこだわる必要があるのです。
断熱は、建物が出来上がってからは見えない部分。そして外装や内装と違って、リフォームでは補いにくい部分。
例えリフォームできたとしても、莫大な費用がかかってしまいます。だからこそ、断熱にこだわった住まいを皆様にお届けしたいと考えております。

 

内断熱? 外断熱?

断熱は、一般的に「 内断熱(充填断熱) 」と「 外断熱(外張断熱) 」に分けられます。
内断熱と外断熱はどちらが優れていてどちらかが劣っているということはなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ダブル断熱

そこで内断熱のメリットと、外断熱のメリットを持ち合わせた「ダブル断熱」を採用することにより 快適な住環境を実現しさらに家屋の寿命を延ばすことが 可能になります。

内断熱(充填断熱)

柱と柱の間などに断熱材を入れる方法

【メリット】
・比較的安価で施工可能
・施工が簡単なので施工できる工務店が多い
・断熱材の種類が豊富
【デメリット】
・断熱材の間に隙間ができやすく、内部結露が起こりやすい
・柱などの構造体部分には断熱材が入らないので、そこからの熱損失がおきやすい

内断熱

外断熱(外張断熱)

建物を外側から覆うように断熱材を施工する方法

【メリット】
・断熱材が途切れないので熱損失が少ない
・気密性能が高くなる
・結露がおきにくく、柱などが痛みにくい
【デメリット】
・コストが高いことが多い
・外装材の種類が限定される
・断熱材の種類が豊富

外断熱

 

ダブル断熱とは?

内断熱材「ファイバーエース (セルロースファイバー)」と外断熱システム「フォルテ 」を合わせた理想的な断熱工法です。
ダブル断熱は、国土交通省の認定を受けている工法なので安全・安心。ダブルの断熱効果で、階段やロフト・吹き抜けのある大空間を楽しみながら、 快適な室内環境を実現。冷暖房費削減など省エネ効果も期待できます。
また、ダブル断熱は、室内の快適性を実現するだけでなく、建物を湿気から守り、経年劣化を抑制し、建物の寿命を延ばします。

ダブル断熱の構造

永い間、安心して健康に住める家を造るには、構造体の外側に断熱材を設置する外断熱工法を施工し、 さらに壁内にも断熱材を施工するダブル断熱を行うのが理想的なのです。
セルロースファイバーを使用したダブル断熱として、日本で初めて国土交通大臣30分防火・45分準耐火構造認定を取得しました。
他社の材料を使用した場合、30分防火・45分準耐火の認定は受けられません。

W断熱8つのポイント

(1):ダブル断熱のメリットその1 外断熱材フォルテボード

結露防止効果

外断熱工法に使用する「フォルテボ-ド」は、雨水を通さず水蒸気は通すので、 内部結露を防ぎ、カビ・ダニの発生する要因を減少させます。
また、吸水・沈下しないので、断熱性能の経年劣化は少なくてすみます。

優れた耐久性

外断熱にすることにより、構造体が外気温の影響を受けにくく、また壁内の結露を防ぐので構造体の劣化を大幅に防止します。

自己消火性

難燃剤が添加されているので、パネル自体で燃焼を継続しない性質(自己消火性)を持ちます。


(2):ダブル断熱のメリットその2 充填断熱セルローズファイバー

調湿効果

平均的な家1軒分のセルローズファイバーの最大含有率は約2.5t、梅雨時は室内の湿気を吸い取り、 乾燥時には放出する効果があります。
一般的断熱材では、暖房室内の水分が壁に侵入し外壁で冷やされて水滴になり、 結露が発生するため、防湿シートの施工が欠かせません。 しかし、セルロース断熱の家では、秋田で冬、湿度80%に加湿しても、 壁に結露は生じなかったという事例もあります。人に優しい唯一の断熱材です。

緩消毒効果

アンモニア代わりに、防火用に添加されるホウ酸(ホウ素)の殺菌力は、 眼科の洗顔に使われるほど安全ですが、 ゴキブリ用のホウ酸団子のように、 ねずみやダニ、ゴキブリを寄せ付けない緩消毒効果があります。

防音効果

セルロース繊維自身の多孔性とグラスウールの3~4倍の高密度充填のおかげで、 交通騒音から話し声まで幅広い騒音を吸収し、はっきり差が分かるほどの静かな家を作ります。
セルローズファイバーは、空港周辺の住宅の防音材としても認可されているぐらいです。

難燃性

古紙が原料の断熱材と言うと、燃えやすいのではないかと心配されるかも知れません。 心配は、ご無用!火を近づけても表面が炭化するだけで、着火したり燃え広がることもありません。 一般的な断熱材は、火災時には熔けて、炎や煙の通路を作ってしまいまいますが、 セルローズファイバーは、優れた防火性を誇っています。


(3):ダブル断熱のメリットその3 省エネ効果で電気代も節約

青山の住まいが、地球にも、お財布にも優しい理由は、「ダブル断熱」だからです。
ダブル断熱は、その優れた断熱効果で、年中快適な室内空間を保つので冷暖房費の削減につながります。
冷暖房の使用を減らすことにより、地球に存在する限られたエネルギーの使用を抑えることができ、 地球環境のことを考えた住まいを実現することができます。
ダブル断熱メリット3

電気代

比較データ表からもわかるように、内断熱にグラスウールを使用した住宅とセルローズファイバーを 使用したダブル断熱の住宅では、電気代に差が出ました。
月平均差額 約7,250円
年間差額 約87,005円
データ条件 平成15年1月~12月・4人家族・30坪の総2階建て住宅で比較

ページ上部へ戻る