トップページ > 会社案内

会社案内

社訓

IMG_7141-1-400x394 会社案内
お客様に感謝され、地域に必要とされる会社を目指す。
お客様を家族と思い、誠実に対応する。

 

経営理念

オーナー様、協力業者さん、従業員が幸せになれるよう事業を永続する。

 

家つくりポリシー

自然素材をふんだんに使用した 木心地の良い家 気持ちの良い家を創る。

家づくりは、楽しく、思い出をオ-ナ-様の心にお届けします。

全てのお客様に、快適で、気持ちよく暮らせる家をプロデュ-ス致します。

土地の選定、資金計画、プラン、工事、ワンストップで、対応致します。

家は、頑丈なことはもちろんのこと、目指すは、エネルギ-を賢く使い

創エネ、高断熱、自然素材のすなわち、ゼロエネルギ―住宅です。

国の政策、にもアンテナを張っており、JBNの次世代の会にも属しており、

日本の家つくりの今を解りやすくお伝えしております。

今、地球は、今深刻な問題をかかえております。

二酸化炭素濃度は、産業革命から180年で、40%増加しております。

世界の平均気温を、+2度以内に抑える為には、

もはや、化石燃料は、埋蔵量の1/3しか、燃やすことができません。

今のままでは、ますます二酸化炭素濃度が上がり、海水面上昇、

ゲリラ豪雨、季節はずれの台風、猛暑、大雪、生態系の変化など

ますます地球環境は悪化するばかりです。

子供たちの未来の為、地球温暖化抑制するために、これからの家は、

自然素材の家+健康性と省エネの両立+省エネ機器+太陽光の

エネルギ-を上手に使う家を供給していくことが使命になりました。

ほとんどの、建設会社は、新建材を多く使用しております。

新建材の床などは、施工のスピ-ドも無垢の床板一枚一枚貼るよりも

早くできます。

しかし、新建材は、本物に似せて工場で作ったものであり呼吸もしません。

そこの会社さんの社員の方は、それでは建てたくないという話は、

良く聞きます。自然素材、(本物がよいと解っているので自分の建てる家は

それを使います。

皆様も、よく考えてみてください。少し前の家は、新建材は使用していなく、呼吸もする本物が使われていました。

床は無垢の黒光りした板、壁は漆喰とか板壁、室内はで深呼吸できる。

本物は、耐久性が高く持ちもいい。

肌で触れるところは自然素材、呼吸する壁、無垢のフロア、無垢の扉

新建材にはない、本物の経年劣化を楽しんで下さい。

本物は、初期投資はかかりますが、ランニングコストは安く済みます。

今一度、快適な家とは何かをお考えください。

また家の断熱性能を格段に上げると温度差のヒートショックを防げます。

このヒ-トショックで亡くなる方は、交通事故の4倍にもなります。

亡くならないで、半身不随、寝たきりになる方はもっと多いです。

家は、疲れを癒したりする場所なのに、このような非劇は後を絶ちません。

また、血圧の安定、冷えによる、腰の痛みなど、緩和して、医療費削減、

健康寿命が延び、光熱費が削減されるメリットがあります。

省エネ機器、節水トイレ、節水水栓、燃費効率が良い給湯器、太陽光の使用により自宅で賄う電気を極力少なくできます。

大切な資産になる家のまずそこで、どのような暮らしがしたいか、ご要望、夢をできるだけ多くヒアリングして、

一緒に考え、一緒に形にしていきます。しっかりした家を創り守り育ててくことで家に対する愛着も生まれます。

安心な構造で守られ人に環境に優しく家族を守れる家こそが気持よく快適に暮らせる家だと思います。

私の会社を信頼して建てていただくお客様は、生涯に渡りこの御縁を

大切にしていきます。

 

 

代表挨拶

IMG_7141-1-400x394 会社案内はじめまして、

千葉県我孫子市で自然素材の家を創って地域一番を目指す、

青山都市建設株式会社の、足立 剛です。

8歳と12歳の女の子を持つ、家では女子に囲まれ楽しく、

暮らすお父さんです。

私は小さいころから、父の(先代)背中を見て育ってきました。

確か、水曜日のみの休みだったと記憶しております。

土日は、稼ぎ時で朝から、夜遅くまで働いており、

当然住宅営業なので、

そんなスケジュールになります。

水曜日は、私が学校から帰るとお昼から晩酌していました。

家でくつろぐことが好きだった父は、家と会社の往復で

寄り道して帰ることはめったになかったと思います。

学校行事も、父は来なく、母が来ていました。

最も、当時は、今みたいに父親の姿は、廻りを見ても少なかったと記憶しております。

来れない理由も、わかっていましたので仕方ないと割り切っていました。

 

ただそんな、忙しい父も、盆と、暮れは、島根の田舎や、旅行には連れて行ってくれました。

その時が一番楽しかったです。

もともと、向上心が高く、家族の為と思い、独立して、不動産業を始めました。

当時の私は、もちろん将来のことなど考えたことはなかったと思います。

不動産、建設の言葉も、どのようなことをしているかも理解はしていなく、

私は、のらりくらり、学生生活を送り、アルバイトをたくさんしていました。

まったく家業も継ぐつもりもありませんでした。

 

しかし親戚の葬儀の時に、転機が訪れます。

その夜のお酒の席で、叔父が、

『アルバイトではだめだと、建築の「け」の字から、教えてやるので、うちに来いと」

叔父の会社は、島根県の出雲市で手広く、また忙しくしておりました。

何も解らない私は、工事現場の掃除、ゴミ片づけ、材料運び、側溝掃除

ロープの結び方など教わりました。

仕事ができないと、給料が上がらないので、解らないなりに、残業して

土日も働きました。

 

その時は、おかずが買えなく焼き肉のたれで、

ご飯を食べるなんて事もよくありました。

早く仕事を覚えて稼げるようになる。

このことを信条にとにかく頑張りました。

短い間でしたが、島根の叔父の会社を離れ、

千葉に戻りました。

 

戻ってきても、勤め先も決まらず、母親に相談しました。

「仕事を手伝いたいと」言いましたが、

「ケンカするからやめなさい」とのこと。

何でもやる約束で、父の会社に入れてもらいました。

しかし、不況のさなか、景気は悪かったですね。

少しでも経費をかけないように、賃貸の電球交換、キッチンの

コーキングなど簡単なものはできましたので、

職人さんの手を借りず自分でやりました。

 

土地がらみの仕事をしていると、売買の時など、リフォ-ム工事が

発生することも良くあります。

小さい会社でしたが、大きなリフォーム工事も頂くことも、多くなりました。

新築工事も、ぼちぼち契約を頂けるようになりました。

ただ、当時の家は、新建材の床、ビニ-ルクロス、で仕上げる

量産型住宅でした。

 

講習会、いろんな工法、仕上げ材料を学び、

この頃から自然素材の家が出来上がりました。

基礎の上の横の木 土台、柱、構造材は、無垢材で、

無垢の床、無垢のドア、塗り壁、わら畳、手に触れるところは

自然素材、本物の材料を使うようになりました。

 

 

シックハウスに被害に遭う方も多く、

24時間換気など義務化になった時期でした。

 

父と過ごした、20年はあっと言う間に過ぎ去りました。

よく、ケンカもしました。

また、怒られることもありました。

しかしそんな父も、病に倒れ、逝ってしまいました。

会社を経営していくのは大変ですが、それ以上に、

楽しいことも、ありますので、頑張ってやっております。

お引き渡し頃のオーナー様の喜んだ表情は、たまりません。

建築屋さんで良かったと思う場面です。

うちで、建てられて良かったねと、僭越ですが、申し上げております。

私は、父のDNAを受け継ぎ、私の会社を信頼して下さった

ひとり、ひとりのオ-ナ-様を大事にしております。

私の家族の家を創る真剣さで、オ-ナ-様の家づくりを、

お手伝い致します。

お住まいになる地元の建設会社に、家づくりを頼むのが

一番幸せだと思います。

また、将来に渡り家を守ってもらうことです。

笑顔で、心もいきいきする家を手に入れてほしいと思います。

代表取締役 足立 剛

 

会社概要

会社名

青山都市建設株式会社(Aoyama Construction Co.,Ltd.)

所在地

〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台2丁目1番7号

TEL

04-7182-0141(代)

FAX

04-7183-2850

定休日

水曜日

営業時間

AM 9:00 ~ PM 18:00

資本金

4,000万円

設立年月日

昭和 60年 3月

許可種目

■県知事許可(般-25)第 41351 号 建築工事業
■青山都市建設株式会社建築士事務所 県知事届出(2)第 5913号
■宅地建物取引業 免許番号:千葉県知事(8)第 8491号
■認定 平成 3年 3月 損害保険ジャパン日本興亜株式会社代理店

加入団体

■千葉県宅地建物取引業会会員
■(財)性能保証住宅登録機構 業者登録番号 10025476号
■日本住宅保証検査機構(JIO)会員 No.A0200020号
■LIXIL株式会社 TH 友の会会員 No.901200号
■JBN会員
■オ-パス会員
■LIXILリフオームネットワーク会員 No.EX1514

地図

ページ上部へ戻る
₢킹
₢킹