トップページ > 幸せな家の創りかた > 幸せな家の創りかた

ブログ

幸せな家の創りかた

家づくりをするときに、決まってプランから入るかたが、
多くいます。
家の使いかたいついては、後から考えるようです。
今回は、幸せな家の創りかたについて解りやすく説明します。

幸せな家の創りかた

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って
地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

せっかく家を建てても、すぐ子供たちが二階に上がって
会話が減った。

いつ帰ったのが解らない。

夫婦仲が悪くなったなど。

そんな、お話も聞きます。

そうならない為に、プラン作りには、時間をたっぷりかけてください。
家族で、何回も話し合い、折り合いがつくまでしてください。

その間に、プロが、間に入り提案もしてくれます。

それらを、吟味しながらプランを練り上げていくのです。
これが、工務店、私のやり方です。

しかし、量産ハウスメ-カ―はプランから、1カ月位で契約。
このやりかたで、家族と、プロと十分話せて決められますか?
無理ですよね。

プロを使って納得いくプラン作りをしていかないと
幸せな家になりません。

人間の五感に感じる家づくりをする。

まず、目でみて、視覚を刺激する。
塗り壁のパタ-ン、一枚木目が違う床材、あと観賞魚とかいい例です。
動物を飼って触れ合う、無垢の床を使う。

かわいがって、触って、また、無垢床の肌触りも触覚の刺激に入ります。
聴覚は、家の中では、音楽を聴く。朝の小鳥のさえづりなど。

これは、立地にも影響しますね。

使い勝手のいいキッチンにして、おいしいご飯を作ってもらって
食べる。味覚の刺激。

おいしいもの食べると意欲がわきますよね。

家の中を自然素材にすると、木の香りがする。
嗅覚の刺激。

全部で無いのですが、自然素材系の家だと2~3個あてはまります。
残りは住まい方で工夫できます。

自然素材を使ってみる

 

自然素材の家ですと、心地いいので、家族とのコミュニケ-ションも、多くなります。
五感を刺激するには、持ってこいなのです。

家づくりする時は、新建材の使用を最低限にすること。

そして、信頼できるプロに、素材の説明を聞いてみて下さい。

この五感を感じる住まいづくりが、家族にとって幸せなのです。

いかがでしたか?

ぴかぴかの工場で作られた新建材の床、ドアからは、五感を感じて
生活していくのは少し無理があると思います。

プランと同時に住まい方、その家でそのような暮らしがしたいか?

たくさん相談して下さい。

壁のクロス、なども表情がなく模様です。
呼吸していないので生きていません。

どちらが、家族と幸せに暮らせる家か?
もうお分かりですよね。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい
家づくりをする地域密着な建設会社です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ・資料請求

無料の資料請求はこちら
ページ上部へ戻る