トップページ > 家の外壁の種類 > 家の外壁の種類

社長ブログ

家の外壁の種類

家の外壁は、主流商品の既製板サイディング、モルタル下地、
吹き付け塗装、ジョリパットで仕上げるやりかたがあります。

今回は、この二つの外装について解りやすく説明します。

 

主流のサイディング

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って
地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

サイディングの良さは、仕上がっている板を、貼っていくので、
工期が早く、足場がすぐはずせるなどメリットはあります。

デメリットは、5年位で廃番になるという点です。
あと、サイディングは、メンテナンスありきで、一生ものではありません。

外壁がらみの直し工事ですと、同じサイディングが無い場合も、
よくあります。

そうゆう時は、本当に困りますね。

新築から、10年くらいしますと、サイデイングのジョイントの
目地(ゴムみたいなヶ所)が、劣化がみえてきます。

10年~15年以内に、メンテンスが必要になります。

メンテナンスの方法として、UVカットする透明なクリア-塗装があります。
足場をかけますので、破風板、軒天、雨樋も合わせて塗装します。

すぐにメンテナンスしなくても、防水シ-トがあるので、まず漏らないのですが、

サイディングの小口から、水がしみ込んで、凍る 凍害もあるので、

こうなると、同じ板が無かったり、張り替えしなくてはならなくなります。

適切な時期に、メンテナンスはした方がよろしいです。

塗り壁仕上げの場合

左官屋さんによる、モルタル壁は、直し工事も容易に行うことができます。
増改築、もしくは破損にも、年数がたっても対応できます。

仕上げの塗装や、ジョリパットなどの塗り替えはサイディングと同様に
必要になります。

時期の目安は、手で触ってみると、色が手につきます。
これが、メンテナンスの時期のサインになります。

築後15年めどに、塗り替え、吹きかけしておいた方が、家の健康状態を
保つことと、価値の向上になります。

しばらく、メンテしなかったとしましょう。

塗膜が、なくなって、次にモルタルにしみこみます。

夏場は良いのですが、冬場は、しみ込んだ水分が凍ったりします。

そうなると、下地のモルタル補修もしなくてはなりません。

家も、人と同じく計画的にメンテナンスすることで、
健康な状態を、保つことができます。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい
家づくりをする地域密着な建設会社です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

お問い合わせ・資料請求

無料の資料請求はこちら
ページ上部へ戻る
₢킹
₢킹