トップページ > 全国木造建設事業千葉県協会 総会 > 全国木造建設事業千葉県協会 総会

社長ブログ

全国木造建設事業千葉県協会 総会

全木協千葉県総会

今年は、全木協総会とちばもくの忘年会は日程の都合上、
同日になりました。

来てほしくない、災害、大地震などの、
有事の際の、木造仮設住宅供給事業が主な活動です。
そんなプログです。

006-400x267 全国木造建設事業千葉県協会 総会

今年の活動内容の確認。

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って
地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

主に、仮設木造建築に関係する事業展開です。
仮設住宅の、千葉県版の仕様の策定、有事の際、集められる部材
などの構成で考えております。

九都県で行われる防災訓練にも、木造仮設が展示されます。
この前日に、実際に建ててみて、実際の反省点をまとめます。
総会後、第二部では、青木会長より基調講演をいただきました。
木を使いこなすのは、地場の建築屋にしかできないことなのです。

木造の仮設住宅

千葉県でも、有事の際、県から木造仮設住宅の建設の依頼があります。
東日本、熊本地震でも数多くの木造仮設住宅が建設されました。
仮設住宅とプレハブの仮設とは、まったく快適性が違います。
プレハブは、本当の仮設です。

一方木造の仮設住宅は、基礎を替えるだけで、長く住み続ける
ことも可能にしております。
現行の省エネ基準もクリアしてあるので、暖かさ、寒さも違います。
どうしても非難生活は長期化します。

結露問題、断熱材の容量不足、プレハブはひどいものです。

早く工事が、完了しますが、住まい手のことは考えておらず、
仮設というレッテルが張られているからプレハブは仕方ないかもしれません。

私たちは、仮設でも木造、新築でも木造で建築しています。
木は、人に優しい暖かいものなのです。
このことを少しでもお伝えできればと思います。

今月も半月しかないので、カレンダ-配りも終盤ですが、
道路の込み具合で時間切れになることもしばしば。
もう少しお待ちください。

 

家づくりする際に、お役立てください。
青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい
家づくりをする地域密着な建設会社です。

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。
住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。
既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、
不具合があれば修補もできます。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)
初代  足立 右幸
二代目 足立  剛(現社長)
1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。
現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった
木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。
冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、
ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火
室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で
驚きの内容で提供しております。
標準仕様に太陽光システムを乗せれば、
ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

お問い合わせ・資料請求

無料の資料請求はこちら
ページ上部へ戻る
₢킹
₢킹
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。