トップページ > 中古住宅の選び方 > 中古住宅の選び方

ブログ

中古住宅の選び方

国の政策にも、中古住宅の活性化に本腰を入れています。
今回は、中古住宅について解りやすく説明します。

ジオ中間検査

中古住宅の選び方

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って
地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

中古住宅の魅力は、価格が安いことがあります。

しかし、何か目に見えない欠陥や、不具合があったらどうしますか?
そうならない為にいくつかのポイントがあります。

耐震性

昭和56年(1981年)6月以降の物件は、新耐震基準で建てられています。
これより前の物件は、耐震改修が必要になるケ-スが多いです。

雨漏り・シロアリの被害

木造住宅の劣化の原因は、雨漏りとシロアリの食害です。
そのままにしておくと、大事な骨組みが傷んでいきます。
天井裏に雨漏りの跡がないか?
床下の木部にシロアリの食害が無いか?

骨組み(構造)がしっかりしていれば、定期的な点検、外装、設備の
メンテナンスで住宅性能は保たれます。

建物のゆがみ

建具、サッシの開閉不良

床の傾き

壁、基礎の大きな亀裂は、建物の骨組み(構造)の
問題の現れです。

住まいのインスぺクション

中古住宅の売買が少なかった理由は、引き渡し後に、雨漏り、シロアリ
等の欠陥が発見されるリスクがあり、
売主、買い手側にも不安があったからです。

この不安を解消する為に、気に入った物件を購入する前に、
建物の診断を行い瑕疵保険に加入することができます。

条件として、昭和56年6月1以降の物件が対象になります。
不具合があれば、補修工事の後に加入できます。

来年は、インスぺクション済み物件が多く出てきます。

保険をかけておけば、売主、買い手も安心できます。
資産価値を上げるためするべきことは、
住宅履歴の登録です。

建物の図面、リフォ-ム工事の内容、点検個所の補修工事を
電子ファイル化する。

3年ごとに床下点検 シロアリ被害の有無
定期点検と、修繕で建物を維持することで、
将来、売却される際に、価格に反映されます。

いかがでしたか?

中古住宅を選ぶ時のポイントでした。
中古を見て、気に入って、現状で買う。
インスぺクションをしないで買う
こんな時代は、終わりました。

買主、売主も安心して取引できる時代です。
不動産屋さんも、進化してきていますので、

インスぺクション(現況調査)のことを聞いてみて下さい。

家づくりする際、お探しの際にお役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい
家づくりをする地域密着な建設会社です

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ・資料請求

無料の資料請求はこちら
ページ上部へ戻る