トップページ > ブログ > 構造検査・・・

社長ブログ

構造検査・・・

皆様おはようございます。

昨日は、当社にて工事中の、基礎の検査までお話し致しました。

今日は、構造検査、についてお話し致します。

基礎が完成しますと、和歌山より、土台、構造材(柱や、梁材)が現場に到着致します。

土台敷き、上棟先行足場組が終わりますと、上棟の日を迎えます。

上棟日当日は、お客様、近隣の皆様、職方の皆様の協力により構造体が立ち上がります。

いざ建物が立ち上がりますと、立体的に見えますので、地縄の時と異なり、大変大きく見えます。

上棟が終り、翌日より、屋根下地工事、筋交い入れ、金物取付けが、始まります。

構造用金物は、それはそれはたくさん付きます。

構造検査は、金物が適材、適所に付いているか?木材の含水率(材木の水分料)、金物が、取り合って付くところ

は、うまく付いているか?木材同士の接合部に金物が付いているか?

建物は水平か、柱は垂直か?防蟻材の散布状況などなど。

1時間くらいみっちり見てくださいまして、

検査員は、ほとんど何も言うことがなく(指摘ヶ所がないため)合格致します。

当社大工さん達は、金物の付け方などは、マスタ-済みですので。

検査員のかたにお伺いしますと、まだまだきちんとできてない工事会社もあるそうです。

現在新築で建てさせて頂いております物件は、阪神震災クラスでは、倒壊しない位、剛構造に

なっております。(地面がえぐられたとかは、除きます。)

安心して、お客様は、お住まいになられております。

次回は、断熱、下地材検査について。お話し致します。

blog_import_5663b55b0d552 構造検査・・・   プログランキングに登録しております。クリック御願い致します。




blog_import_5663b55b0d552 構造検査・・・
*当社HPです。ご覧下さいませ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

お問い合わせ・資料請求

無料の資料請求はこちら
ページ上部へ戻る
₢킹
₢킹