トップページ > お引き渡し前の最後の仕事 > お引き渡し前の最後の仕事

社長ブログ

お引き渡し前の最後の仕事

無垢床のぬか油塗り

お引き渡し前に、最後に私が家の床を、ぬかの油で磨きます。
お世話になった家の最後の仕事のプログです。

P2193599-400x300 お引き渡し前の最後の仕事

・自然素材の床は呼吸をしています。

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って
地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

無垢のフロア-は、呼吸しています。

その呼吸を妨げないような、そんな安全な商品で、
最後の仕上げを、行います。

引き渡しの、1週間くらい前にいつも行います。
掃除機でゴミを吸い取り、和室の敷居、化粧柱の取り合い部は、
マスキングします。

ウエスに少し含ませて、フロアに擦りこむように、手で塗ります。
これが、ものすごい重労働。

明日は、全身筋肉痛間違いなしなのです。

・無垢に床は、ウレタンとかはお勧めしません。

無垢床にウレタン塗りと、米ぬかの油塗りと2枚を冷蔵庫に
入れて、触ると、冷たさが違います。

ウレタン塗りの方は、呼吸が遮断されますので、せっかくの無垢床が
台無しです。そして、冷たいです。

人間と同じ、木も床材になっても生きています。

・この作業は、さみしい気持ちもあります。

工事現場が始まって、基礎工事、上棟、仕上げ、外構と、
この家の最後の仕事なのです。

ひとつ、ひとつ、毎回異なる家ですが、大変な思いをして
勉強もさせていただき、完成させて、お引き渡しします。

最後に、家に感謝、仕事させてくれたありがとうと、
思いを込めて米のぬか油を、塗ります。

最後にオ-ナ-様にお渡しできるように,
いつもやらせてもらっているこの作業です。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい
家づくりをする地域密着な建設会社です。

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。
住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。
既存住宅の状況調査も診断でき、不具合を直せます。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)
初代  足立 右幸
二代目 足立  剛(現社長)
1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。
現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった
木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。
冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、
ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火
室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で
驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、
ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

お問い合わせ・資料請求

無料の資料請求はこちら
ページ上部へ戻る
₢킹
₢킹
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。